会社案内

会社案内 ごあいさつ 会社概要 沿革 関連会社
沿革

1933年(昭和8年)4月 初代社長、濱名安太郎が大阪市港区市岡にて濱名鐵工所を創立。
ワイヤーロープ製造機械、電線電纜製造、撚線機械の製作を始める。
1945年(昭和20年)10月 現在の和泉市府中町に移転。
1958年(昭和33年)10月 資本金300万円にて濱名鐵工株式会社を設立、設備の拡大、合理化を遂行、世界水準を抜く技術開発により、わが国一流の電線・ワイヤーロープメーカーのご支援を得て、広く海外45カ国に輸出。
1959年(昭和34年)
和泉市井ノ口町に井ノ口工場完成し、本社移転。
1970年(昭和45年)12月 資本金3,000万円に増資。
1971年(昭和46年)6月 バンチングマシンメーカーとして世界的に著名なフランスのゴッドリッジ社と技術提携。国内はもちろん、中国・オーストラリアなどアジア地域を含む世界22カ国での独占権を獲得。
1972年(昭和47年)1月 初代濱名安太郎死去にともない濱名博が代表取締役社長に就任。
1973年(昭和48年)4月 和泉市小田町に小田工場完成。
1975年(昭和50年)3月 新機種の開発・生産性の向上を目的とする、技術プロジェクトチームが、画期的な空気軸受方式を開発、撚線機での実用化に成功。
1977年(昭和52年) 自動車用タイヤコードの需要急増に伴い、鋼線用細物ダブルツイストの開発に成功。
さらに鋼線ロープ用ダブルツイストバンチャー、スキップ型撚線機を完成。
1980年(昭和55年)6月 濱名部品工業株式会社を設立。
修理・改造・オーバーホールなど、メンテナンス業務の充実をはかる。
1988年(昭和63年)8月 濱名博が取締役会長に就任。濱名明が代表取締役社長に就任。
1988年(昭和63年)12月 小田第二工場完成。生産能力を飛躍的に向上させる。
1989年(平成元年)9月 設計開発事務所完成。CADの導入により、ネットワーク化を実現し正確で迅速な設計・開発を実現。ロボット対応バンチャー開発。
1990年(平成2年)7月 資本金5,000万円に増資。
1991年(平成3年)12月 和泉市箕形町に箕形工場完成。ロボット対応バンチャー実用化に成功。
1992年(平成4年)5月 本社総合ビル完成。
1996年(平成8年)3月 大倉商事株式会社との合併で、マレーシアにHAMANA MACHINERY(MALASIA)SDN,BHD.を設立、操業開始。
1997年(平成9年)9月 濱名博が代表取締役社長に就任。
2001年(平成13年)6月 中国上海に上海濱名機械有限公司を設立、操業開始。
2001年(平成13年)11月 資本金5,500万円に増資。
2002年(平成14年)6月 野畑治昭が代表取締役社長に就任。
2003年(平成15年)8月 資本金6,100万円に増資。
2006年(平成18年)6月 ワードウェルハマナ(上海)機械有限公司、設立。
2014年(平成26年)7月 上海濱名、新工場を上海浦東新区南匯老港工業園区へ移設。生産能力を2倍以上に拡大。
2015年(平成27年)1月 「株式会社ハマナ」に社名変更。
2015年(平成27年)7月 梶川健二が代表取締役社長に就任。
 
株式会社ハマナ ロゴ
〒594-0072 大阪府和泉市井ノ口町3番3号 TEL.0725-43-5151 FAX.0725-45-0616